シンプルライフスタイルブログ

シンブルなライフスタイルや、断捨離、ミニマリストについて書いているブログです

量をこなすためにシンプルにする

シンプルにして量をこなす

むずかしいことを行うのは、時間がかかります。

時間がかかると量はこなせません。

量がこなせないと、大量の仕事はできません。

量をこなす必要がある仕事の場合は、なるべく簡単にシンプルにするというのが大切でしょう。

f:id:kobasimple:20150517143006j:plain

 

練習の量が質になっていく

また、何かを習得したいというときは、量をこなす必要があったりします。

英語の勉強をするとしたら、単語をたくさん覚えるなど量をこなす必要があるでしょう。単語を覚えるために、準備がいろいろと必要になってしまうと、覚えるのもおっくうになってしまいます。

覚える単語の本を1つに絞って、繰り返して覚えると決めて、シンプルにやったほうが量をこなしやすいでしょう。

毎回、いろいろな本などを選ぶところから始めていたら、時間が無駄になってしまいます。

 

目標を持って量をこなす

もちろん、ただ繰り返し練習すれば良いわけではありません。目標を持って繰り返すと、質も上がっていく。

目標もあまりいろいろと多くしないほうが良いでしょう。

1度に10も20も目標を持って、練習しても、どれも身につかないということになってしまいますから。

 

また英語の例で言えば、文法、リスニング、スピーキング、どこに力を入れるかは意識しておきたいところです。

 

simplelifeway.hatenablog.jp

 

習慣にする

量をこなしていると、途中で飽きてくるということもあるでしょう。

習慣にできると良いですよね。

simplelifeway.hatenablog.jp

 

 習慣化の技術については、こちらに書きましたので、続けられる技術を知りたい方は、読んでみてください。

www.biztikara.com

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

シンプルにすると、量をこなしやすい

シンプルにすると、量をこなしやすくなります。

だから、シンプルにしてみる。少し簡単すぎるかもというところから始めてみて、徐々にむずかしくしていく。

繰り返しやすいぐらいのシンプルさを探る。

 

そうやって、ちょうどいいシンプルさを見つけたら、そこから量をこなす。

簡単になってきたら、難易度を上げる。

 

そんな繰り返しが、質にもつながっていくでしょう。

広告を非表示にする